トップページ > イベント > No.84

2009年11月8日:[バイク部] 山犬切峠アタックミーティング

日時2009年11月8日(日)
場所山犬切峠
参加者[熊本] 酒井さん, 栗崎さん, 荒井さん

レポート (文・写真:酒井さん, 編集:いのうえ)

今度は4+(2×3)、山犬切峠アタックは‥
平成21年11月8日(日)晴れ
 
8月の椎矢峠アタックでは単独行でのトラブルで冷や汗掻いたし、 今回これまた長年不通が続いてる「山犬切峠」の様子を見に、 KLRCのBike部有志3名にて挑戦する事に‥
お天気も良いし、向かう五家荘は紅葉の盛り〜♪
  大津のコンビニで荒井さんと合流し、
9:00AM、ココは健軍某所です。
最後にくりさきさん号を積んで、いざ二本杉峠へ〜
  10:05、二本杉峠少し先の道端の広場です。
一応3人乗れるけど、トラックは狭くて長距離には快適で無く、くりさきさんは自分のDefender〜
ココより母艦を離れて、戦闘開始!

今年、京都から来熊された荒井さんとキレーなTT250R-Raid
重心もシートも高いし、今回の様な狭くてクネクネした林道には、 ちょっぴり大変そうでした〜
(車体は横から撮るべきでした‥ゴメン!)
 
くりさきさんは走行500kmのXR100モタード
ボクが道案内代りに先頭で、真中にくりさきさん号を挟んで進みました。
一方通行規制で対向車は居ないし、後続車の排気量は小さいし、 何度か揺さ振りを仕掛けてみましたが、うぅ〜ん、引き離せませんでした〜

ボクは必死で直した1983年式、SilverJubileeなTLR200
前後のスプロケットをイジッテるし、舗装の狭い林道は5・6速オンリーで、 軽快に走ります。ただ最高速は70Km/hに届かない〜
 
馴染みのK輪業のご協力にてメーター廻りも復活しました。
ただ、指針がやたらとブレる〜
 
R445は一方通行になってて、一旦「栴檀轟」の県道52号へ出、 逆に椎原→吐合→樅木と進み、八々重で椎葉越方面へ登り、 いよいよココが「林道川口線」入口 11:10

「うぅ〜ん、四駆はイッパイだね〜」って云いながら進むと‥
 
2.7Km地点の左カーブで突然道が無くなりました〜

手前はエグれてて、その先は斜面と化してます。
 
道はこの先ツヅラ折れで、そのまま斜面の上段へ伸びてますが、 その部分も一緒に落ちてます。
  残念ですが、仕方なく引き返しです。
深い落ち葉の下には浮き石とかがあって、走り難‥じゃ無くて楽し〜いです。
ちなみに、最後にこの林道を通ったのは平成5年、 我が登山日誌の記載では、林道入口から山犬切峠まで約14Kmあるんですが、 今回、僅か2.7Kmでの敗退です。

代わりに、コチラは全面舗装だけど新椎葉越へ向かいました。
調べたら標高1479m、ココでも椎矢峠より高いんですね〜
ついでに山犬切峠は1510m
 
峠の向こうは宮崎県〜
 
後は紅葉見物に切り替えです。ココは樅木の親子吊橋
  数日前にローカルTVで中継してた「平家の里」にも立ち寄りましたが、 うぅ〜ん、入場料400円はボッタクリ〜
 
13:30頃、R445沿い「梅の木轟」の茶屋(ウシロの建物2F)でやっと昼食です。
地鶏うどんとカレーしか無いんですが、全員カレーを選択!みんなハラ減ってたのね〜
  14:15、全員何事も無く母艦に到着です。
復路はこれまた一方通行規制で、二本杉峠から氷川ダム方面へ迂回させられましたが、 コレがやたらと遠かった〜
往きと同じく健軍→大津に立ち寄り、17:00頃帰着。
ま、チョッと不完全燃焼だったし、近々また場所変えてやります!
山犬切峠へも今度は山登りを兼ねて、必ず立ってやる〜!
Bikeの走行76.4Km、トランポの走行172Kmでした〜

© 九州ランドローバークラブ 2009, All rights reserved.
本ホームページに掲載されている記事、写真・図表などの無断転載を禁じます。