トップページ > イベント > No.82

2009年10月25日:[登山部] 紅葉登山ミーティング

日時2009年10月25日(日)
場所星生山, 扇ヶ鼻
参加者[熊本] 酒井さん, 衛藤さん, 千代田さん

レポート (文・写真:酒井さん, 編集:いのうえ)

登山部・紅葉登山は星生山→扇ヶ鼻縦走
平成21年10月25日(日)曇りのち雨
 

3週連続の山行、今回はKLRC登山部の紅葉登山です。
9:20AM、ココは九住高原ロードパーク入口前の駐車場
 
準備して衛藤クン号に3人便乗し、牧の戸峠を越えて大曲りを目指します。

予想通り登山者のクルマは多く、大曲りのずい分下の路肩に駐車。
前のキレーなローズピンクのクルマ(確かOPELのマーク?)がYサン車です。
 
ほぼ同時に歩き出して言葉を交わした別府のYサン(前の方)
単独にて諏蛾守経由で大船へのご予定でしたが、 ヒョンな事で我等の縦走ルートに同行って事になりました〜
正面は三俣山
  舗装路を数分で、やまなみから星生新道の急坂へ
ココは濡れると滑って歩き難いけど、この時点ではまだ雨は無く、順調に高度が上がります。

急坂が終わった所で最初の休憩
降り出した雨は次第に強くなり、ココで全員雨具を装着
 
沓掛山方面です。牧の戸からのメインルートは登山者の列‥
  11:10AM、1時間25分で星生山頂(1762m)
これから一旦戻って、多分に紅葉がキレーなハズの西尾根を下る事に‥
 
期待通りの色付きを見せる星生山の西尾根です。雨も心なしか弱まった様な‥

チョットした展望所から沓掛山方面
 
衛藤クンを先頭に前を行く3人
毎度ながら巧いペースで引っ張ってくれて、ウシロはラクチン〜
そろそろ扇ヶ鼻分岐手前のくぼ地です。

振り返って、下りて来た星生西尾根の紅葉
くだりだし、岩場のトコも行っちゃいました〜
 
少し離れて、扇ヶ鼻分岐から同じく西尾根
ところがこの辺りからガスって来て‥
 
扇ヶ鼻直下の台地から肥前ヶ城の西壁です。しばらく居るけどなかなかガスは晴れず‥
  丁度12:00、扇ヶ鼻山頂(1698m)です。
雨も風も強くて肌寒く、予定ではこの辺りで昼食だったけど、もう少し下りた林の中へ先延ばし〜

ついでに鈍頂の岩井川岳(1522m)にも立ち寄りました。
これで本日、3峰目‥
 
岩井川(イワイゴって読むらしい〜)岳より下山ルートへ戻る途中、 正面の紅葉は下りて来た扇ヶ鼻の南側斜面です。
水滴多くてゴメン!

  雨も小降りになり木陰を見つけ、やっと昼食です。(12:40〜13:10)
ココまで来ると既に終盤だし、いつものドリンクは2本だけでガマン‥

下山中、岩井川岳の西斜面の紅葉
 
  13:50 最初の駐車場に到着です。
Yサン、さすがに一人で登られるだけあって健脚でした〜
6月に続き2度目の山登りだった千代田サンは、 履いてたワークブーツが後半著しく滑ってましたが、 涼しくて今回の方がずい分楽だったみたいです。
この後、2台+4人で大曲りへ向かいYサンと別れ、 そのまま3台で長者原の登山口温泉へ〜
  14:40 長者原です。
登山者が続々下りて来て、温泉(350円/人)も珍しく混んでます。
風呂から上がった後、裏の水路でカッパの裾と登山靴を洗って、 15:30頃、この場にて解散にしました〜
  帰り、走りながら牧の戸峠近くの光景です。
この付近の紅葉もキレーで、もうしばらくはドライブでも楽しめると思います。
雨は更にひどくなって来ましたが、一応紅葉には満足出来たし、まぁ良い山行だったかな〜
 
ミルクロード北外輪線まで千代田サンとツルんで、 未だ紅葉には少し早い菊池渓谷を経由して16:40帰着
132Km走行でした〜

© 九州ランドローバークラブ 2009, All rights reserved.
本ホームページに掲載されている記事、写真・図表などの無断転載を禁じます。