トップページ > イベント > No.79

2009年6月14日:登山部:久住お花見登山ミーティング

日時2009年6月14日(日)
場所大分県 扇ヶ鼻
参加者<登山> [熊本] 酒井さん, 千代田さん [福岡]まみっさん
<見送り> [長崎] 植松さん [熊本] 林さん, いのうえ

レポート (文・写真:酒井@熊本さん, 編集:いのうえ)

KLRC登山部・久住お花見登山
平成21年6月14日(日) 快晴
  折から九住・阿蘇を舞台に、「第三回ジーロ・ディ・カルデラッソ」ってイベントがあってて、 瀬の本を通過する時間帯に合わせて8:30AM三愛レストハウスに集合です。
何でも1957年まで製造の、ハンパで無いビンテージカーの集いだそうです。
しばらく雑談してると、いきなり1929年(昭和4年)製のブガッティが目の前に登場!
コレってカーグラフィックTVの冒頭映像でしか見た事無く、しかも普通にシャカシャカ動いてるのにびっくり!
価格的には、あのお高い新生VWブガッティの、ヴェイロンに迫る価値なのだそうです。

コレは1953年製バンディーニ、後は54年製のMG
って事はボクとほぼ同い年〜
 
1947年製MG
Bikeのタイヤみたい〜
  51年製(奥)と57年製のバンディーニ
美すぅい〜
なお、こんな古いクルマは昔の雑誌や前述のCGTVでしか見た事無く、年式や車名はWeb上のエントリーリストによります。
スタンゲリーニがリストにあって見たかったけど、チョットした騒動があって見れんかった〜
  コチラは5台が終結した我がディフェンダー軍団です。
9:30頃、登山部3名はみんなと別れ牧の戸峠へ
当初は男池から平治岳を目指すつもりでしたが、今年のミヤマキリシマは既に末期だと思うし、 更に2人は全く始めての登山だそうで、先週登ってまだまだ良さそうだった扇ヶ鼻へ、 もっともイージーな牧の戸からアタックする事に‥

先週程では無いけど、猟師岳登山口に一台分空いてて、ココに縦2台並べて停めました。9:45登山開始
 
9:55牧の戸登山口です。
「使用前」の2人の表情を記録して置いたつもりだったけど‥

沓掛山から、目指す扇ヶ鼻山頂方面です。
 
更に進んで扇ヶ鼻分岐手前

この2人、意外や強かったです。
最初は先行して振り返って写真撮りながら行こうと思ってたけど、 何の事は無し、常時ピッタリ貼り付いて来て、降り切れませんでした〜
当初予定の男池→平治だってラクラクだったな〜
 
扇ヶ鼻分岐から、先週登った星生山
頭頂部は先週より色づきが良い様な‥

扇ヶ鼻(右上の岩峰)への最後の急坂です。
 
そこを進む2人

山頂直下の広い台地です。お花畑と化してます。
 
イワカガミも見つけました

帰りに撮った写真だけど11:05に山頂(1698m)です。
 
山頂からそのお花畑
今年のミヤマキリシマが素晴らしいのは、4月下旬の寒波なのだそうで、 よって害虫(キシタエダシャク)が死滅してしまったんだそうです。
実際に虫は全く居ません。
  さっそく昼食にしました。
陽射しは強いけど涼風が心地良いです。
あとは下りるだけだし、いつもより長めに滞在し、12:13に下山開始

帰りも登山者をかき分けつつ、アッと云う間の47分で登山口
細身のこの2人、若干砂礫に靴を滑らせてたものの、下りもバリバリ元気でした〜
 
千代田さんは登山口売店でブルーベリーのソフトクリーム

車に帰ってもう一つ、オプショナルツアーをお願いしました。
オオヤマレンゲが既に咲いてるそうで、牧の戸峠から地熱発電所へ下りて、 今度は九重スキー場の駐車場に停め、手ぶらで猟師岳のふもとへ〜
でも、何だこの始めて見る人出は〜?
ココも有名になったんだな〜
 
まみっ姫はマスマス元気です。
登り勾配のゲレンデを先頭切って、それこそ走り回ってます。

確かにもう咲いてました〜
 

Exactly!
 
お姿も良いけど、何とも云えん香りが素晴らしいです。
今年は鳴子山へ見に行く予定だったけど、これでもうイイっかな〜
  今度はゲレンデを下ります。
花見てる時間も含め40分ほど掛かりました。

さて、コチラは菊池阿蘇スカイラインの展望所です。
レッカーは意外と速く到着し‥
 
往きにお漏らしを起こした511号がドナドナされて行きます。
姫もレッカーに同乗してアデルへ
その後千代田さんと別れ、KLRCのお花見登山は無事(?)終了しました〜

© 九州ランドローバークラブ 2009, All rights reserved.
本ホームページに掲載されている記事、写真・図表などの無断転載を禁じます。