2003年6月15日:英彦山

日時2003年6月15日(日曜日)
タイトル英彦山を駆けめぐる
場所福岡県英彦山周辺(大南林道, 相ノ原毛谷村林道)
参加者[熊本] 酒井さん, 栗崎さん, 井上
[福岡] 長谷川さん夫妻, 緒方さん親子, 小林さん&白土さん

記念写真

超詳細画像(2048x1536)と未公開画像があります(撮影枚数85枚)。

6:15…いざ出発!
我が家にて

熊本勢は毎度お馴染みの酒井邸に集合です。
ひらおさんは来るのか来ないのか?…誰も携帯電話の番号を知らないことが発覚(^^;
時間も来たしメールもなかったんであきらめて出発!

津江、日田を抜けて集合場所「英彦山山頂駐車場」を目指します。
燃料切れを心配する90V8組は日田で燃料補給
なぜか栗崎号の給油口にノズルが入らない(^^; なんで?

9:00…英彦山山頂駐車場に到着です。
すでに福岡勢は到着していました。
同じ仕様がないのでアレコレ話は尽きません。
これだけ並ぶと圧巻ですね。
無断欠席者(^^;が出席してたらクラブ最大数になったんですけどね。

本日の参加車両紹介
栗崎さん号

井上号

酒井さん号

小林さん号

長谷川さん号

緒方さん号

そこへ一癖も二癖もありそうなおじさん登場
ウニモグやらウィルスやらを多数所有する"行者"(^^;とのこと
なにものだったんでしょうか?

駐車場をあとにして、ちょっと走ったところで車を置き、鬼杉を目指します。
「登口まで徒歩で」と出発したところ、別行動中の酒井さんより無線連絡「けっこう遠いよ」ゲッ!
迷わず車での移動を決断。緒方さんの車に乗せてもらうことに。しかし小林さんと白土さんは徒歩で。

山道を抜け、到着しました「鬼杉」
樹齢1200年の国の天然記念物です。
長谷川さんの奥様に鬼杉の伝説を教えてもらいました。

鬼杉を前に記念撮影

ちなみに鬼杉までの道はこんな感じ
病み上がり、運動不足の体には堪えます。

一方そのころ登山家酒井さんは…
岳滅鬼山頂(1040m)にて一休み中でした。
[撮影:酒井さん]

鬼杉鑑賞ツアーも終了し、大南林道〜深倉林道を走行です。
ここが一回目の場所ですね。…なにがって?あとでわかります。

コースを外れて下ってきた小林さん。
いや〜ゴメンなさい。ここが遊び場だと思ってなく、下りだしたときには「チャレンジャーだなぁ」、そして力強くあげた拳は「行って来るぜ」の合図かと(^^;

まだまだ大南林道走行中です。
ツーリングマップル曰く「秘境ムードあり。ダート計5Km。舗装化進行中」
たしかに舗装路が。

林道を走破し、深倉園地に降りてきました。ここで一休み。

駐車場近くの「三段の滝」…の一段目(^^;

これが「男魂岩」(おとこいわ)です。そう、アレです。
天狗の子供の化身だそうで、ちょっと悲しげな伝説が書いてありました。

その男魂岩から対岸まで巨大なしめ縄がしてありました。

男魂岩をあとにし、昼食場所へ
[撮影:酒井さん]

昼食場所「長谷の里」はこんな感じのところ。

ここの「とりモモ焼」は絶品でした。
うどんも美味しかったなぁ。

その後、英彦山の地酒を求め「よろずや酒造」へ
当然 あの方はお酒を購入(^^;

次は「相ノ原毛谷村林道」を走行
ツーリングマップル曰く「フラットダート8.3Km景色良好」
[撮影:酒井さん]

で、これが二回目の場所
そう、小林号がなぞのエンジンストール
あれこれ見てみますが原因不明、さぁ困りました。
…が、このあと…
ゴッドハンド長谷川(^^;の手により無事エンジン始動!!
ピンチをきり抜けました。

林道走行中

相ノ原毛谷村林道 開通記念碑の前にて

まだまだ林道走行中

林道を抜け、耶馬溪まで降りてきました。
で、この後どうする?

最終地点「道の駅やまくに」に到着

17:17…最後に集合写真を。
ここで解散し、それぞれ帰路へ

みんなからの帰着報告もあり、第7回ミーティングを無事に終了しました。


左から、酒井さん, 栗崎さん, 井上, 緒方さん親子, 長谷川さん夫妻, 小林さん&白土さん

ここまで。