2003年5月13日:北九州地区宴会

日時2003年5月13日(火曜日)
タイトル北九州地区泥酔ミーティング
場所小倉 鳥松
参加者マスタ長谷川さん夫妻, マッハ緒方さん, ひらお

記念写真

レポート:ひらおさん, 写真提供:長谷川さん,ひらおさん

写真の大きさが微妙に違いますが慣れてないので許して。※整えさせていただきました(^^;いのうえ
酔っ払ってしまったので写真が少ないため、同じく酔っ払って3枚しか撮ってない長谷川家カメラでの写真を3枚。
あとおまけにひらおの休日を1枚。なかなか皆さんとお会いできないので私を忘れないでという気持ちをこめて。(びしっ☆)

マスタ、プチマスタ。
北九州酒ミーティングのスタート。
まさか泥酔ミーティングに暴走してしまうとは、、

プチマスタはジムニーで参戦。運転のため酒が呑めないのが残念。
焼き鳥片手にご機嫌。

緒方さんからひらめの活作りがプレゼントされ酒に料理に大満足。
マッハ緒方さんもビールで上機嫌。
よく見ると膝の上には既に愛機のMAC。
自慢のマッハ110の写真で一盛り上がり。

そろそろ酔いが暴走しだす頃。
きっかけは知らない間にマスタが透明液体のお湯割を呑み始めたこと、、、、

ほらいつのまにか透明な液体に換わってる。
(手前の茶色の液体はプチマスタのウーロン茶)

緒方さんも3杯目に突入。悪夢の始まり。
(まだ笑顔、、)

しかしマスタの笑顔は癒し系だなぁ。

何も言うまい。
マッハ緒方さん。

酒は余り強くなく、ビールをジョッキで2杯が限界かなぁと話されてましたが、 酎ファー2名の呑むスピードと乗りに、ついにジョッキ3杯目をあけてしまい、 気付くと隣で脂汗まみれの緒方さん。

ほんとに大丈夫だったんだろか、、、

泥酔ミーティングも終了し、呑み足りない3人はバーでギネスとギムレットで 更にアルコール度数を高め、やっとホテルにご帰還。
マスタ夫妻から心配して送り届けもらいました。感謝。

ひ:マスタさ、俺の110、雨が降ると焦げ臭いんだけど、どこ見たらいい?
マ:いやぁ、ジムニーもいい車ですよ。でもなんで今日は井上さんこなかったの?
ひ:でもさ、ウニモグってやっぱし一家に1台はほしいよね。
マ:緒方さんの110、いつ解体ミーティングします? 部品持って帰っていいんですよね?栗崎さん、ぜったい喜ぶなぁ、、、
ひ、マ:でも酒井さんって何歳なんだ?

と、ただの泥酔 酎ファーは意味不明な会話をしながら歩き続ける。

ただのあほです。
プチマスタの寛大さに感謝。

二日酔い前夜。

おまけです。おまけ。

ひらおの休日の戦闘モード。
これで山に入り雑木を切り出してきます。
木は冬の間、我が家を暖め続ける薪ストーブに。
いい木があったら彫刻にもつかう。
木は無駄に切らず、無駄に捨てず、きちんと成仏させることが重要。感謝。

我が110は薪運びが主の仕事、

ここまで。